勃起不全はなぜ起こる?メカニズムと改善方法について

人間は加齢とともに身体が老化することは避けられないものですが、
男性にとって勃起不全や中折はなんとか回避したい現象の一つではないでしょうか。

勃起のメカニズム

陰茎には血液が循環していますが、通常時は入る血液と出る血液が同量で循環し、柔らかい状態になっています。
これが性的な刺激を覚えると、動脈が拡張して入る血液量が増え、陰茎内部の海綿体に血液が溜まり、
血液を排出する静脈が調節され、内部の圧力が上昇することによって陰茎が太く固く大きくなります。
これが勃起のメカニズムです。

つまり、勃起不全は単純に血行・血流を良くすることで多くの場合で改善できるのです。
良質な食生活を送り、よく運動することによって、十分な血液量と、健康な心臓を持ち続けることで、
勃起力と持続力のアップが出来るといえるようです。

生活習慣で改善

血行を良くする食事
  1. 納豆
    納豆に含まれるナットウキナーゼには、血栓溶解作用、血液サラサラ効果が認められています。
  2. 青魚
    青魚に含まれるDHAは血中脂質低下作用、血圧降下作用があり、EPAは血小板の凝集を抑制したり、血栓を溶かしたり、血管を拡張させる作用があります。
  3. 牡蠣やレバー
    精子を合成するのに必要な亜鉛とビタミンB群を多く含んでいます。

この他にも銅・カルシウムなどのミネラルや、アルギニンを始めとしたアミノ酸類など、バランス良く栄養素を取ることが大切です。

血行を阻害するもの
  1. タバコ
    タバコに含まれるニコチンには毛細血管の収縮作用があります。
  2. お酒
    少量のお酒は、血管を拡張させて血行を良くする効果もありますが、一定量以上のアルコールは肝臓でのアルコール分解に負担がかかり、中性脂肪の運搬が滞り、血液ドロドロの原因となります。

カラダを鍛えて改善

勃起のメカニズムで血行・血流について触れましたが、血液の通り道には動脈と静脈、そして毛細血管の3つがあります。
動脈と静脈は基本的には増えたり減ったりはしませんが、毛細血管は筋肉量によって増えも減りもするのです。
ですから、カラダを鍛えることによって血行・血流を改善し、勃起力を強くすることが出来ます。

筋トレによる筋肉量の増加を目指すには、全身の筋肉を鍛えるのに有効なスクワットをおすすめします。
AV男優のしみけんさんも簡単にできると説明されていますので、是非動画も参照ください。

勃起力アップは前述の食事、運動、それに加えて適度な睡眠により維持・改善していくのが好ましいところです。
現在はED専門の医療やED治療薬もありますので、自分の状態を正しく把握し、自分に相応しい解決方法をお探しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。